2006年12月9日

報恩講

 今日と明日は平田同行22軒がK氏宅に参集し、報恩講をお勤めします。
 私たち米原市宇賀野に在住する22軒は、彦根市平田町にあるお寺の門徒で、そのお寺で報恩講をお勤めするのがほんとうなのですが、毎年、この時期、代々にわたり輪番制で個人のお宅をお借りして勤めています。
 私の父が子どものころは、この報恩講が一週間ぐらい行われていたようで、そこでお茶を飲みお菓子を食べながらワイワイガヤガヤ楽しんだそうです。時がゆっくりと流れていた昔ならではのことと思います。しかし、現在は、本日も含め二日間に短縮され、内容も簡素化されましたが文化と伝統は守ろうと今も続けています。
 明日は、彦根より住職に来ていただき、正信偈をお勤めし、法話を聴聞し、お斎をいただきます。
null
null