2006年9月3日

米原市学校給食フォーラム

 米原市全体の学校給食の運営ならびにあり方を検討するために、午前10時より米原市近江公民館におきまして「米原市学校給食フォーラム」が開催されました。
 「学校給食衛生の課題について」と題して、林 宏一さんにご講演いただきました。
null
 その後、パネルディスカッション並びに、会場の皆さんとパネラーの方々との意見交換がありました。
null
 近江地域の【自校給食】を存続して欲しいとの意見をお聞きするのは当然ながら、一方何か物足らない 思いがする。                     
 パネラーの方々のご意見は玉虫色で、また当局からも時間の関係からか、自校方式・センター方式の比較資料を十分活用した説明がなされたとは言えず、発言や姿勢が曖昧な感があります。私としては、                    


《こうしたいんや!!》と明言して欲しかった。
 米原市の学校給食について、過去5回に亘る懇談会そして今日のフォーラムに至るも、市民の前に一度も顔を出さない市長、信頼できる部下からのホウレンソウでの判断も結構ですが、確か、市長は現場主義ではなかったかな?