2006年8月21日

高校球児たち熱い夏をありがとう。早実おめでとう!

 37年ぶりの決勝再試合で最高潮に達した高校野球。
感動の嵐でした。
 メラメラと燃える闘志をハンドタオルとともに、お尻のポケットに凛直に仕舞う早実エース斎藤(柔)と、押さえきれない闘志を所作のそこかしこに漲らせる駒苫エース田中(剛)、やはり今日も二人の熱投で、死力を尽くした試合となりました。
 双方、勝ちたい気持ちを前面に押し出した気力溢れるいい勝負でした。
 「柔よく剛を制す」の早実と、「剛よく柔を断つ」の駒苫の実力は互角だったと思います。勝敗はちょっとした勝負のあやで決まりました。
 三連覇への挑戦、連投につぐ連投 わたしは、両校の戦いからいろんな教訓と元気を頂きました。ありがとう。