2006年7月10日

滋賀県議会の新しい議長

 第86代の滋賀県議会議長となられた米原市出身の赤堀 義次議長の就任祝賀会がきのう、大津市のホテルで開催されました。
 「県議会の皆さんのご指導ご鞭撻をいただきながら重責を果たして行きたい。」と挨拶をされました。
  祝賀会には、国松知事はじめ国会議員、県会議員、支持者など約760人が出席しました。私も地元市会議員として末席をけがしました。
国松知事は、先の知事選で選挙の総括責任者をつとめた赤堀議長にお祝いとお礼の言葉を述べられるとともに、「今後は、皆さんからいただいたご恩に対し、一県民として、滋賀のお役に立てれば」と挨拶されました。私を含め相当数のかたが、その挨拶に哀感を覚えたと思っております。
 なお、この祝賀会に嘉田 由紀子氏も個人的に出席しておられ、今後の県政にについて関係者らと意見の交換をしておられました。蛇足ながら、もちろんワタクシも氏とお話したことを記しておこう。